PDFlib

高度なPDFアプリケーションの開発を支援する定番プログラムライブラリー Supported by インフォテック株式会社

PDFlib 10 製品概要 (ベータ版)

PDFlib の次期メジャーバージョンである PDFlib 10 に関する情報をまとめています。
PDFlib 10 は ダウンロードページ からベータ版をダウンロードして試用することができます。
PDFlib 10 に関するスケジュールについては PDFlib 10 に関するスケジュール をご確認ください。また PDFlib 10 リリース後の PDFlib 9 の追加購入に関するスケジュールについては PDFlib 9 に関するスケジュールをご確認ください。

PDFlib 10 の新機能を含む全機能を確認する場合は PDFlib 10 の機能一覧 をご確認ください。

PDFlib 10 の新機能

PDFlib 10 では、さまざまな新機能を搭載しています。このページでは PDFlib 10 の主要な新機能を説明します。

カラーフォントと絵文字

SVG や Microsoft COLR をベースとする OpenType カラーフォント (※) に対応します。また OpenType 機能のバリエーションセレクタと絵文字バリエーションシーケンス (特定の絵文字の肌の色や性別を変える等) にも対応しています。
※ OpenType カラーフォントではグリフの色や透明度を設定することができ、絵文字フォントで使用されています。

リンクやフォームフィールドの取り込み

PDFlib+PDI や PPS 等でページを取り込む際、ページ上の注釈 (リンク、フォームフィールド、アクション、JavaScript 等) をページ内容とともに取り込みます。元の PDF とページ順が異なっても注釈の機能が維持されます。またページの拡大、縮小、回転等を行っても、注釈の矩形は適切に変換され維持されます。注釈の取り込みは PDF/A、PDF/UA、PDF/X に対応しています。

コメント注釈機能の改善

すべてのタイプのコメント注釈の作成機能を全面的に見直し、拡張し、改善しました。注釈の外観は自動的に作成されるようになり、PDF/A 規格でも規格で認められた注釈をサポートするようになりました。

マルチメディア機能の強化

動画ファイルや音声ファイルをスクリーン注釈やレンディションアクションで利用できます。PDFlib 10 や Adobe Acrobat DC で非推奨である Flash を必要としません。

PDF 2.0 のサポート拡張

従来の ISO 32000-2:2017 に加え、改訂版の 32000-2:2020 までの新機能に対応しています。この新機能には、タグ付き PDF の新しい構造要素種別とネスト規則、グラフィック機能、暗号化、インタラクティブ要素、文書・ページレベルの出力インテント等、多くの領域が含まれます。また PDFlib+PDI と PPS は PDF 2.0 の PDF を処理できます。
PDF 2.0 で非推奨とされた機能は、PDFlib でも非推奨に設定されたり削除されています。

カラーマネジメントの改善

RGB 画像に ICC プロファイルが埋め込まれていない場合、業界標準の sRGB ICC プロファイルを自動的に適用するようになりました。これにより、PDF/A や PDF/X での RGB 画像の忠実な色再現や使用が容易になります。
また透過が設定された PDF ページや SVG 画像を取り込む際に透過グループを自動作成するようになり、忠実な色再現が容易になりました。

PDF 出力の最適化

PDF 内の ICC プロファイル等のオブジェクトをキャッシュし、重複を検出するようになりました。最適化されたコンテントストリームと組み合わせることで、これまで冗長な PDF が出力されていたようなケースでも最適な出力が行えます。

SVG インポートの改善

特定の CSS ディテクティブを含む SVG 処理が改善されました。また SVG 内で要求されるフォントや画像等のネットワークリソースを自動的に取得するようになりました。

フォントサポートとテキストハンドリングの強化

先述のカラーフォント対応の他、下記の機能強化を行いました。

  • WOFF2 形式のフォントをサポート
  • OpenType レイアウト機能の対応を強化

PDFlib API の利便性の改善

既存の PDFlib API に便利なオプションが追加されたり、一部の処理手順が簡素化されています。例えば、グラフィックの状態を表すプロパティを使用する際、あらかじめ gstate オブジェクトを作成することなく、直接指定できるようになります。またパスオブジェクトを既存のテキストフローや表の書式指定に使用することができます。
PDF 生成時の PDF バージョンの初期値が Adobe Acorbat X/XI/DC のファイル形式である PDF 1.7 Extension Level 8 になりました。

Pantone® カラーライブラリの更新

内蔵された Pantone スポットカラーデータベースが更新され、最新の Solid Coated および Solid Uncoated カラーライブラリをカバーするようになりました。また Hexachrome のような Pantone, Inc. 社が既にサポートしていないカラーライブラリを削除しました。

pCOS インターフェースの更新

pCOS インターフェース (PDFlib+PDI, PPS に含まれています) が更新され、新しい PDF 規格、フォームフィールド、署名、ICC プロファイルといった要素に対応した疑似オブジェクトが追加されました。

タグ付き PDF および PDF/UA の対応強化

自動テーブルタグを使用して複数ページにまたがるテーブルを1つのテーブル要素として正しくタグ付けできるようになりました。複数行に渡るリンクについても、複数の矩形を含む1つのリンク注釈としてタグが作成されます。構造要素タグは、テキストフローのオプションで書式オプション等の共にインラインで与えることができるようになりました。

PDF 2.0 では構造要素の関係について厳格なモデルが導入されています。PDFlib でもこの新しい構造種別と属性に対応しており、新しい構造要素の入れ子規則を強制します。またタグ名前空間 (タグセット) と構造体の destination に対応しています。

タグのない PDF を Artifact として取り込むことができるようになり、PDF/UA として提供されていない PDF の取り扱いが簡単になりました。

PPS と PDFlib Block Plugin の機能強化

Adobe Acrobat 向けのプラグインである PDFlib Block Plugin の新バージョンでは、画面やプレビューで表示される PDFlib ブロックの数を一時的に減らすフィルター等、利便性の向上が図られています。また PDFlib ブロックの移動に関する機能強化が行われています。さらに、PDFlib ブロックの追加時にオーバープリント等のすべてのグラフィック状態オプションを設定できるようになりました。その他構造要素 (タグ) を PDFlib ブロックのプロパティとして利用できるようになり、プレビューで PDF/UA の複製に対応しました。

ネットワーク機能の追加

新しく追加された PDFlib API でリモートリソースを取得できるようになりました。また SVG の処理では、フォントの画像等のリモートリソースを自動的に取得します。

言語バインディングの更新

各言語バインディングの最新バージョンに対応しています。Perl, PHP, Ruby では UTF-8 にデフォルトで対応しています。また C++ では C++11/20 で導入された Unicode 文字列型 u8string/u16string/u32string に対応しています。

その他の改善点

その他にも様々な分野で新機能が追加されました。

  • Type 3 フォントにカラーフォントと非カラーフォントを混在できます
  • パスオブジェクトに外観オプションを追加しました

コードの安全性の見直し

PDFlib のコードを見直し、堅牢性を向上させました。また古い Adobe Acrobat や Adobe RIP のための回避策のためのコードや非推奨の機能に関するコードを削除しました。その他、セキュリティ保護と脆弱性対応のため、PDFlib で使用されているサードパーティライブラリを最新版に更新しました。

PDFlib 10 は ダウンロードページ からベータ版をダウンロードして試用することができます。

PDFlib 10 に関するスケジュール

PDFlib 10 の提供時期

PDFlib 10 の最終版は 2021年末までに公開される予定です。価格情報はまもなく公開されます。

PDFlib 10 へのアップデート

PDFlib 9 等の旧バージョンから PDFlib 10 へアップデートする場合についてご案内します。

優待期間内に購入した PDFlib 9 を PDFlib 10 へ無償アップデート

PDFlib 10 の「優待期間」である 2021/10/1 から PDFlib 10 がリリースされるまでに購入された PDFlib 9 のライセンスは、PDFlib 10 へ無償アップデートすることができます。無償アップデートを受ける場合、2022/2/28 までに弊社までお知らせいただく必要があります。この期間を過ぎますと、優待期間内に購入した PDFlib 9 であっても PDFlib 10 に無償アップデートできなくなりますのでご注意ください。

この無償アップデートでは、お持ちの PDFlib 9 と同じ製品、同じプラットフォーム向けの PDFlib 10 にのみアップデートが可能です。

PDFlib 9 の PDFlib スタンダードサポートサービスをお持ちの場合 (無償アップデート)

PDFlib のライセンスと有効な PDFlib スタンダードサポートサービスをお持ちの場合、PDFlib 10 へ無償でアップデートすることができます。アップデートを行う PDFlib のライセンスをお知らせください。無償アップデートは PDFlib スタンダードサポートサービスのサポート期間内にのみ可能です。

PDFlib 9 の PDFlib スタンダードサポートサービスをお持ちでない場合 (有償アップデート)

PDFlib 9 のライセンスのみをお持ちの場合、PDFlib 10 へ製品価格の 60% でアップデートすることができます。アップデートを行う PDFlib 9 のライセンスをお知らせください。アップデートの御見積書をお送りいたします。

なお PDFlib 8 以前のライセンスについては、PDFlib 10 のライセンスを新規にご購入いただく必要があります。

PDFlib 9 に関するスケジュール

PDFlib 9 のライセンスの追加購入期限

PDFlib 10 のリリース後、PDFlib 9 のライセンスをお持ちかどうか、および有効な PDFlib スタンダードサポートサービスをお持ちかどうかで、PDFlib 9 のライセンスを追加購入できる期間が異なります。

お持ちの PDFlib 9 ライセンス PDFlib 9 の追加購入が可能な期間
PDFlib 9 のライセンスをお持ちでない場合 2021/12/31
PDFlib 9 のライセンスをお持ちで、有効な PDFlib スタンダードサポートサービスをお持ちでない場合 2022/12/31
PDFlib 9 のライセンスをお持ちで、かつ有効な PDFlib スタンダードサポートサービスをお持ちの場合 2023/12/31
(PDFlib 9 の製品ライフタイム終了日)
(Nov 1, 2021 - Nov 15, 2021)
  • 製品情報
  • お問合せ
  • ダウンロード