PDFlib

高度なPDFアプリケーションの開発を支援する定番プログラムライブラリー Supported by インフォテック株式会社

pCOS インターフェース (PDF を分析する)

pCOS イメージ

pCOS インターフェース は、PDF を分析し、様々な情報を取得するツールです。

pCOS インターフェース は pCOS パスと呼ばれる擬似オブジェクトを使って、PDF から取得することができます。また、pCOS パスが用意されていない情報についても、PDF の仕様に沿って情報を取得することができます。

pCOS パスによる取得

pCOS インターフェース には、特によく扱う情報については簡単にアクセスできるようにショートカットが用意されています。このショートカットは pCOS パスと呼ばれ、下記の pCOS パスが用意されています。

  • PDF 文書関連 (PDF バージョン、タイトル等)
  • ページ (ページ数、ページ寸法等)
  • フォント (フォント数、フォント名等)
  • ラスタ画像 (ラスタ画像数、画像寸法等)
  • インタラクティブ要素 (しおり、ページ内リンク等)

pCOS パスの詳細につきましては、 pCOS パスリファレンスをご確認ください。

PDF 仕様による取得

pCOS パスが用意されていない情報についても、PDF の仕様に沿って情報を取得することができます。

pCOS パスが用意されていない情報を取得する場合、PDF の仕様に関する知識が必要になります。PDF の仕様は ISO が配布しているものの他に、技術的に同一のものを Adobe 社が配布しています。

対応する PDF バージョン

pCOS インターフェースバージョン11 では、下記の PDF バージョンに対応しています。

  • PDF 1.4 (Acrobat 5) およびそれより古いすべてのバージョン
  • PDF 1.5 (Acrobat 6)
  • PDF 1.6 (Acrobat 7)
  • PDF 1.7 (Acrobat 8, ISO 32000-1)
  • PDF 1.7 Extension Level 3 (Acrobat 9)
  • PDF 1.7 Extension Level 8 (Acrobat X/XI/DC)
  • PDF 2.0 (ISO 32000-2)

pCOS インターフェース の利用用途

pCOS インターフェース の主な狙いは、PDF から様々な情報を取得し、プログラムで利用することです。

  • 一定の基準による PDF 文書のチェック
  • 大量の PDF 文書の中から不適正文書を抽出
  • 文書管理のための属性情報の整理
  • 出版前の文書の品質保証
  • しおりの一覧を作成
  • PDF 文書から ICC プロファイル等のコンポーネントを抽出
  • JavaScript 等の Active 要素について、PDF文書のセキュリティチェック

pCOS インターフェース の技術情報・サンプル

機能の詳細については、パッケージに同梱されている pCOS Manual (英語) をご覧ください。また、pCOS パスについては ダウンロードページにある pCOS パス日本語リファレンスをご覧ください。

その他、各言語バインディングに付属しているサンプルプログラムや、機能毎のサンプルである pCOS サンプル集 (pCOS クックブック)等で動作をご確認いただけます。

pCOS インターフェース の入手方法

pCOS インターフェース は、下記の PDFlib 製品に内蔵されています。

  • PDFlib+PDI
  • PDFlib PPS
  • PDFlib TET
  • PDFlib PLOP
  • PDFlib PLOP DS
  • TET PDF IFilter

※PLOP、PLOP DS では pCOS コマンドラインツールを使用することができます。

PDFlib 製品は当サイトのダウンロードページからダウンロードし、評価版パッケージとして、各製品及び pCOSインターフェースの機能を使用することができます。
ただし、有効なライセンスキーを適用するまでは、10ページ以上または 1MB 以上の PDF ファイルを読むことができません。ご注文後、送付されるライセンスキーをパッケージに適用するとこの制限はなくなります。

(Nov 17, 2005 - Sep 27, 2013)