PDFlib

高度なPDFアプリケーションの開発を支援する定番プログラムライブラリー Supported by インフォテック株式会社

PDFlib サンプル集(クックブック)

本サンプルプログラムは、PDF 文書生成ライブラリーの実装である PDFlib の基本的な機能を実際のプログラムで紹介したものです。

本サイトでダウンロードした PDFlib は、一部機能の制限を除き、評価版として無償でお使いいただけます。

段落間の距離

PDFlib で、段落間の距離をコントロールするためのサンプルプログラムです。

文字の多いページでは、段落と段落の間は、段落内の行の間隔より大きくした方が見やすくなります。

add/create_textflow 関数の nextline、leading、nextparagraph オプションを使うと、適切な値により余分な空白行を挿入することができます。

必要な製品: PDFlib/PDFlib+PDI/PPS 9

 
/*
 * 段落間の距離 :
 * 段落間の距離をコントロールする
 * 
 * 文字の多いページでは、段落と段落の間は、段落内の行の間隔より大きくした方が見やすくなります。
 * add/create_textflow 関数の nextline、leading、nextparagraph オプションを使うと、
 * 適切な値により余分な空白行を挿入することができます。
 *
 * 必要な製品: PDFlib/PDFlib+PDI/PPS 9
 * 必要なデータ: 無し
 */
package com.pdflib.cookbook.pdflib.textflow;

import com.pdflib.pdflib;
import com.pdflib.PDFlibException;

public class distance_between_paragraphs
{
    public static void main (String argv[])
    {
        /* 必要に応じてデータファイルがあるフォルダのパスを指定する */
        String searchpath = "../input";
        String outfile = "distance_between_paragraphs.pdf";
        String title = "Distance between Paragraphs";

        pdflib p = null;
        int exitcode = 0;
        int tf = -1;
        String result, optlist;

        try {
            p = new pdflib();

            p.set_option("searchpath={" + searchpath + "}");

            /* load_font() 等でエラーが起きた場合、-1を返す */
            p.set_option("errorpolicy=return");

            /* 出力文書名を指定して、出力文書を開く */
            if (p.begin_document(outfile, "") == -1)
                throw new Exception("Error: " + p.get_errmsg());

            p.set_info("Creator", "PDFlib Cookbook");
            p.set_info("Title", title);

            /* A4ページサイズで作成 */
            p.begin_page_ext(0, 0, "width=a4.width height=a4.height");
            
            /* テキストを作成する。1段目と2段目に、インラインオプション
             * で余白を指定する。
             * これは、前の段のベースラインから、行送りを150%に広げることを示す。(100%は、直近に
             * 設定された文字サイズに等しい) は、新しい段落を
             * 空白行を120%に設定し直す。
             */
            final String text =
                "Our paper planes are the ideal way of passing the time. We " +
                "offer revolutionary new developments of the traditional common " +
                "paper planes. If your lesson, conference, or lecture turn out " +
                "to be deadly boring, you can have a wonderful time with our " +
                "planes. All our models are folded from one paper sheet. They " +
                "are exclusively folded without using any adhesive. Several " +
                "models are equipped with a folded landing gear enabling a safe " +
                "landing on the intended location provided that you have aimed " +
                "well. Other models are able to fly loops or cover long " +
                "distances. Let them start from a vista point in the mountains " +
                "and see where they touch the ground." +
                "" +
                "Have a look at our new paper plane models!" +
                "" +
                "Long Distance Glider: "+
                "With this paper rocket you can send all your messages even when " +
                "sitting in a hall or in the cinema pretty near the back. " +
                "" +
                "Giant Wing: " +
                "An unbelievable sailplane! It is amazingly robust and can even " +
                "do aerobatics. But it best suited to gliding." +
                "" +
                "Cone Head Rocket: " +
                "This paper arrow can be thrown with big swing. We launched it " +
                "from the roof of a hotel. It stayed in the air a long time and " +
                "covered a considerable distance. " +
                "" +
                "Super Dart: " +
                "The super dart can fly giant loops with a radius of 4 or 5 " +
                "metres and cover very long distances. Its heavy cone point is " +
                "slightly bowed upwards to get the lift required for loops.";
            
            /* テキストを追加する */
            String moretext =
                "German Bi-Plane: " +
                "Brand-new and ready for take-off. If you have lessons in the " +
                "history of aviation you can show your interest by letting it " +
                "land on your teacher's desk.";
            
             /* テキストフローを作成するためのオプションリスト。行送りは120% で指定 */
            optlist = "fontname=Helvetica fontsize=14 encoding=unicode " +
                "fillcolor={gray 0} leading=120% alignment=justify";
                 
            /* 上記で定義したオプションリストでテキストフローを作成する */
            tf = p.create_textflow(text, optlist);
            if (tf == -1)
                throw new Exception("Error: " + p.get_errmsg());

            /* インラインオプションリストを使用せず、add_textflow()を使用して、
             * 行送りを指定する方法を示す:
             * 新しい行を add_textflow() で追加する。一度の呼び出しで指定できるのは
             * "nextline" または "nextparagraph" のどちらかになるため、
             *  add_textflow()で別々に呼び出す必要がある。
             */
            optlist = "nextline leading=80%";
            tf = p.add_textflow(tf, "", optlist);
            if (tf == -1)
                throw new Exception("Error: " + p.get_errmsg());
            
            /* 新しい段落でテキストを追加するためのオプションリスト。他との区別のため
             * 色は紫色で出力する。行送りは 120% で指定する。
             */
            optlist = "fontname=Helvetica fontsize=14 encoding=unicode " +
                "fillcolor={rgb 0.95 0.5 0.95} alignment=justify " +
                "nextparagraph leading=120%";

            /* 上記で定義したオプションリストを使用して、テキストを追加する */
            tf = p.add_textflow(tf, moretext, optlist);
            if (tf == -1)
                throw new Exception("Error: " + p.get_errmsg());

            /* テキストフローを配置する */
            result = p.fit_textflow(tf, 100, 100, 500, 700,
                "verticalalign=justify linespreadlimit=120% ");
            
            if (!result.equals("_stop"))
            {
                /* エラーチェックする */
            }
            p.delete_textflow(tf);

            p.end_page_ext("");

            p.end_document("");

        } catch (PDFlibException e){
            System.err.println("PDFlib exception occurred:");
            System.err.println("[" + e.get_errnum() + "] " + e.get_apiname()
                + ": " + e.get_errmsg());
            exitcode = 1;
        } catch (Exception e) {
            System.err.println(e);
            exitcode = 1;
        } finally {
            if (p != null) {
                p.delete();
            }
            System.exit(exitcode);
        }
    }
}
(Apr 3, 2007 - May 23, 2019)