PDFlib

高度なPDFアプリケーションの開発を支援する定番プログラムライブラリー Supported by インフォテック株式会社

PDFlib サンプル集(クックブック)

本サンプルプログラムは、PDF 文書生成ライブラリーの実装である PDFlib の基本的な機能を実際のプログラムで紹介したものです。

本サイトでダウンロードした PDFlib は、一部機能の制限を除き、評価版として無償でお使いいただけます。

リンク注釈

PDFlibでリンク注釈を作成するプログラムです。

  • テキスト上に、URLを開くためのリンク注釈を生成します。
  • テキスト上に、他のPDFファイルへジャンプするためのリンク注釈を生成します。
  • テキスト上に、JavaScriptを実行してメッセージボックスを表示するリンク注釈を生成します。

必要な製品:PDFlib/PDFlib+PDI/PDFlib PPS


/*
 * リンク注釈 :
 * 画像やテキスト行で、PDFファイルやWebページやを開くためのリンクを生成したり、
 * JavaScriptを実行します。
 *
 * 画像上で、URLを開くためのリンク注釈を生成します。
 * テキスト行上で、URLを開くためのリンク注釈を生成します。
 * テキスト行上で、他のPDFファイルへジャンプするためのリンク注釈を生成します。
 * テキスト行上で、JavaScriptを実行してメッセージボックスを表示するリンク注釈
 * を生成します。
 *
 * 必要な製品 : PDFlib/PDFlib+PDI/PPS 9
 * 必要なデータ : 無し
 */
package com.pdflib.cookbook.pdflib.interactive;

import com.pdflib.pdflib;
import com.pdflib.PDFlibException;

public class link_annotations
{
    public static void main (String argv[])
    {
        /* 必要に応じてデータファイルがあるフォルダのパスを指定する */
        String searchpath = "../input";
        String outfile = "link_annotations.pdf";
        String title = "Link Annotations";
        
        pdflib p = null;
        int exitcode = 0;

        /* リンクによって参照されるPDFファイル */
        String pdffile = "../input/PLOP-datasheet.pdf";

        /* リンクによって参照されるURL */
        String url = "http://www.pdflib.com";

        /* ロードした画像にもリンクを生成 */
        String imagefile = "websurfer.jpg";

        String optlist;
        int font, action, image, x = 20, y = 400;

        try {
            p = new pdflib();

            /* load_font() 等でエラーが起きた場合、-1を返す */
            p.set_option("errorpolicy=return");

            p.set_option("searchpath={" + searchpath + "}");

            if (p.begin_document(outfile, "") == -1)
                throw new Exception("Error: " + p.get_errmsg());

            p.set_info("Creator", "PDFlib Cookbook");
            p.set_info("Title", title);

            font = p.load_font("Helvetica", "unicode", "");
            if (font == -1)
                throw new Exception("Error: " + p.get_errmsg());

            p.begin_page_ext(0, 0, "width=a4.height height=a4.width");


            /* --- 画像上で、URLを開くためのリンク注釈を生成 --- */

            /* 画像を配置し、範囲枠 "image_matchbox" を介して画像の寸法を
             * 決定する。
             */
            optlist =
                "boxsize={50 50} fitmethod=meet matchbox={name=image_matchbox}";

            image = p.load_image("auto", imagefile, "");
            if (image == -1)
                throw new Exception("Error: " + p.get_errmsg());

            p.fit_image(image, x, y, optlist);
            p.close_image(image);

            /* URL を開くための "URL" アクションを生成する */
            optlist = "url={" + url + "}";
            action = p.create_action("URI", optlist);

             /* 範囲枠 "image_matchbox" を使用し, "URI" アクションによって、リンク 
              * 注釈を生成する。長方形座標の0は範囲枠の座標に置き換えられる。
              */
            optlist = "action={activate " + action + "} linewidth=0 " +
                      "usematchbox={image_matchbox}";
            p.create_annotation(0, 0, 0, 0, "Link", optlist);


            /* --- テキスト行上で、URLを開くためのリンク注釈を生成 --- */

            /* テキスト行を配置し、範囲枠 "text_matchbox" を介してテキストの寸法を
             * 決定する。
             */
            optlist =
                "font=" + font + " fontsize=20 " + 
                "matchbox={name=text_matchbox} " +
                "fillcolor={rgb 0 0.6 0.6} strokecolor={rgb 0 0.6 0.6} underline";
            p.fit_textline("Go to " + url, x, y-=60, optlist);

            /* URL を開くための "URL" アクションを生成する */
            optlist = "url={" + url + "}";
            action = p.create_action("URI", optlist);

            /* 範囲枠 "text_matchbox" を使用し, "URI" アクションによって、リンク
             * 注釈を生成する。長方形座標の0は範囲枠の座標に置き換えられる。
             */
            optlist = "action={activate " + action + "} linewidth=0 " +
                      "usematchbox={text_matchbox}";
            p.create_annotation(0, 0, 0, 0, "Link", optlist);


            /* --- テキスト行上で、他のPDFファイルへジャンプするためのリンク注釈を生成 --- */

            /* テキスト行を配置し、範囲枠 "goto_matchbox" を介してテキストの寸法を
             * 決定する。
             */
            optlist =
                "font=" + font + " fontsize=20 " +
                "matchbox={name=goto_matchbox} " +
                "fillcolor={rgb 0.6 0.6 0} strokecolor={rgb 0.6 0.6 0} underline";
            p.fit_textline("Jump to file \"" + pdffile + "\"", x, y-=100, optlist);

            /* PDF ファイルにジャンプするための "GoToR" アクションを生成する */
            optlist = "filename={" + pdffile + "}" +
                " destination {page 1 type fitwindow} newwindow";
            action = p.create_action("GoToR", optlist);

            /* 範囲枠 "text_matchbox" を使用し, "GoToR" アクションによって、リンク
             * 注釈を生成する。長方形座標の0は範囲枠の座標に置き換えられる。
             */
            optlist = "action={activate " + action + "} linewidth=0 " +
                "usematchbox={goto_matchbox}";
            p.create_annotation(0, 0, 0, 0, "Link", optlist);


            /* --- テキスト行上で、JavaScriptを実行してメッセージボックスを --- *
             * --- 表示するリンク注釈を生成 --- */

            /* テキスト行を配置し、範囲枠 "js_matchbox" を介してテキストの寸法を
             * 決定する。
             */
            optlist = "font=" + font + " fontsize=16 " +
                "matchbox={name=js_matchbox} " +
                "fillcolor={rgb 0.6 0 0.6} strokecolor={rgb 0.6 0 0.6} underline";
            p.fit_textline("Launch JavaScript", x, y-=100, optlist);

            /* "JavaScript"アクションを生成し、メッセージボックスを表示する。
             */
            optlist = "script={app.alert(\"JavaScript works!\")}";
            int js_action = p.create_action("JavaScript", optlist);

            /* 範囲枠 "text_matchbox" を使用し, "JavaScript" アクションによって、リンク
             * 注釈を生成する。長方形座標の0は範囲枠の座標に置き換えられる。
             */
            optlist = "action={activate " + js_action + "} linewidth=0 " +
                "usematchbox={js_matchbox}";
            p.create_annotation(0, 0, 0, 0, "Link", optlist);

            p.end_page_ext("");

            p.end_document("");

        } catch (PDFlibException e) {
            System.err.println("PDFlib exception occurred:");
            System.err.println("[" + e.get_errnum() + "] " + e.get_apiname()
                + ": " + e.get_errmsg());
            exitcode = 1;
        } catch (Exception e) {
            System.err.println(e);
            exitcode = 1;
        } finally {
            if (p != null) {
                p.delete();
            }
            System.exit(exitcode);
        }
    }
}
(May 23, 2019 -)