PDFlib

高度なPDFアプリケーションの開発を支援する定番プログラムライブラリー Supported by インフォテック株式会社

PDFlib サンプル集(クックブック)

本サンプルプログラムは、PDF 文書生成ライブラリーの実装である PDFlib の基本的な機能を実際のプログラムで紹介したものです。

本サイトでダウンロードした PDFlib は、一部機能の制限を除き、評価版として無償でお使いいただけます。

テキストフィールドの高さ

PDFlibで、フォントサイズから適切なテキストフィールドの高さを決定します。また、テキストフィールドの高さから適切なフォントサイズを決定します。

必要な製品:PDFlib/PDFlib+PDI/PDFlib PPS


/* $Id: form_textfield_height.java,v 1.8 2013/01/15 10:12:00 stm Exp $
 * テキストフィールドの高さ :
 * フォントサイズからテキストフィールドの高さを決定します。そして、逆も
 * また同じ。
 *
 * フィールドの高さを指定し、フォントサイズは指定せずに、テキストフィールド
 * を生成します。
 * 指定されたフィールドの高さでテキストフィールド作り、フィールドの高さから適
 * 切なフォントサイズを計算します。 
 * 指定されたフォントサイズでテキストフィールドを作り、フォントサイズから
 * 適切なフィールドの高さを計算します。
 *
 * 必要な製品 : PDFlib/PDFlib+PDI/PPS 9
 * 必要なデータ : 無し
 */
import com.pdflib.pdflib;
import com.pdflib.PDFlibException;

public class form_textfield_height
{
    public static void main (String argv[])
    {
        /* 必要に応じてデータファイルがあるフォルダのパスを指定する */
        String searchpath = "../input";
        String outfile = "form_textfield_height.pdf";
        String title = "Form Textfield Height";

        pdflib p = null;

        String optlist;
        int font;
        double fontsize;
        double ascender, descender;
        double width=160, height=30;
        double llx = 10, lly = 700;
        String text = "Enter text here";

        try {
            p = new pdflib();

            /* load_font() 等でエラーが起きた場合、-1を返す */
            p.set_option("errorpolicy=return");

            p.set_option("searchpath={" + searchpath + "}");

            if (p.begin_document(outfile, "") == -1)
                throw new Exception("Error: " + p.get_errmsg());

            p.set_info("Creator", "PDFlib Cookbook");
            p.set_info("Title", title + " $Revision: 1.8 $");

            font = p.load_font("Helvetica", "winansi", "");
            if (font == -1)
                throw new Exception("Error: " + p.get_errmsg());

            p.begin_page_ext(0, 0, "width=a4.width height=a4.height");


            /* --------------------------------------------------------------------
             * フォントのサイズは指定せず、フィールドの高さを所定のサイズで指定する
             * --------------------------------------------------------------------
             *
             * フォームフィールド種別"textfield"の"date" フィールドを生成し、背景色に
             * ブルーライト、境界線に黒を指定する。
             * 入力できる最大文字数を25文字に指定する(maxchar=25) 
             * もし、この他にオプションを指定しなければ、フォントサイズは自動的に調整
             * され、テキストフィールドにはめ込まれる。
             * これは、より多くのテキストを入力すれば、テキストはより小さくなることを
             * 意味している。
             */
            optlist = "backgroundcolor={rgb 0.95 0.95 1} bordercolor={gray 0} " +
                "maxchar=25 currentvalue={" + text + "} font=" + font;

            p.create_field(llx, lly, llx + width, lly + height, "date", "textfield",
                    optlist);
            lly-=40;

            p.fit_textline("Field height given, no font size specified; a " +
                    "maximum of 25 characters is allowed.", llx, lly, "font=" + font +
                    " fontsize=12");
            p.fit_textline("Acrobat automatically decreases the font size when " +
                    "more text is entered.", llx, lly-=20, "font=" + font +
                    " fontsize=12");

            lly-=100;


            /* --------------------------------------------------------------
             * 与えられたフィールドの高さから、適切なフォントサイズを計算する
             * --------------------------------------------------------------
             */

            /*テキストフィールド "date2" を所定のサイズで生成する。フィールドの
             * 高さに合うようにフォントサイズを調整する:
             * フィールドの高さと等しい仮定的なフォントサイズのアセンダ値、ディセ
             * ンダ値(通常は非奨励)を取得し、アセンダとディセンダーの合計した値を
             * フォントサイズとして使用する。 
             * また、フィールド境界から若干の空のスペースを残すために、20% フォント
             * サイズを小さくする。
             */
            ascender = p.info_font(font, "ascender", "fontsize=" + height);
            descender = p.info_font(font, "descender", "fontsize=" + height);

            fontsize = (ascender - descender) * 0.8;

            optlist = "backgroundcolor={rgb 0.95 0.95 1}  bordercolor={gray 0} " +
                "currentvalue={" + text + "} font=" + font + " fontsize=" + fontsize;
            p.create_field(llx, lly, llx + width, lly + height, "date2",
                    "textfield", optlist);
            lly-=40;
            p.fit_textline("Field height of 30 is given. Acrobat uses an " +
                    "appropriate font size.", llx, lly, "font=" + font +
                    " fontsize=12");

            lly-=100;


            /* --------------------------------------------------------------
             * 与えられたフォントサイズから、適切なフィールドの高さを計算する
             * --------------------------------------------------------------
             */

            /* テキストフィールド "date3" を所定のサイズで生成する。この場合では、
             * フォントサイズは24で与えられ、フィールドの高さは適切に選択される
             * べきである : フォントサイズを 24 に指定し、アセンダ値、ディセンダ
             * 値(通常は非奨励)を取得する。この取得した値は、フィールドの高さを
             * 決定するのに有効となる。
             *
             * フォントとベースラインについてのAcrobatの挙動は明らかではないので、
             * フィールドの高さは、小さくなる。これを回避するため、フィールドの高さ
             * の適切な割合のマージン(例:50%)を追加する。
             */
            ascender = p.info_font(font, "ascender", "fontsize=24");
            descender = p.info_font(font, "descender", "fontsize=24");

            height = (ascender - descender) * 1.5;

            optlist = "backgroundcolor={rgb 0.95 0.95 1}  bordercolor={gray 0} " +
                "currentvalue={" + text + "} font=" + font + " fontsize=24";
            p.create_field(llx, lly, llx + width, lly + height, "date3",
                    "textfield", optlist);
            lly-=40;

            p.fit_textline("Font size of 24 is given. We calculate the field " +
                    "height based on the font's ascender and descender.", llx, lly,
                    "font=" + font + " fontsize=12");

            p.end_page_ext("");

            p.end_document("");

        } catch (PDFlibException e) {
            System.err.print("PDFlib exception occurred:\n");
            System.err.print("[" + e.get_errnum() + "] " + e.get_apiname() +
                    ": " + e.get_errmsg() + "\n");
        } catch (Exception e) {
            System.err.println(e.getMessage());
        } finally {
            if (p != null) {
                p.delete();
            }
        }
    }
}


(Mar 14, 2016 - )