PDFlib PDF文書処理ライブラリー
インフォテックバナー
  • PDFlib とは
  • 製品情報
  • サポート
  • 開発サービス
  • ダウンロード
  • 技術情報
  • 価格・購入法
  • よくある質問
  • 会員ページ

PDFlib PLOP (PDF を守る)

PLOP イメージ

PLOP は、暗号化と権限設定により PDF を守る機能に加え、線形化、最適化、文書情報や XMP メタデータの追加などの多彩な機能を持つ製品です。

PLOP は既存の PDF に対し、様々な処理を施すことができます。

PDF の暗号化

PLOP を使い、PDF にパスワードを設定して暗号化することができます。

PDF の暗号化は Adobe Acrobat で設定できるものと同じです。しかしながら PLOP を使用することで、自作のプログラムやスケジューリングされたバッチ処理から PDF を暗号化することができます。例えばサーバー上のディレクトリを監視し、PDF が追加されると自動で暗号化するような処理が簡単に実現できます。

PDF の権限設定

PLOP を使い、PDF の高解像度印刷を禁止したり、内容のコピーを制限したりすることができます。

PDF の権限設定は Adobe Acrobat で設定できるものと同じです。以下の項目について、許可または不許可を設定することができます。

  • 印刷 (高解像度印刷 / 低解像度印刷)
  • 編集一般
  • 内容のコピーと抽出
  • コメントとフォームフィールドの作成
  • フォームフィールドへの記入または署名
  • 内容アクセシビリティを有効にする
  • 文書の取りまとめ

設定の詳細については PLOP マニュアル をご覧ください。

PDF の線形化

PLOP を使い、PDF を Web 表示用に最適化 (線形化) します。線形化により、PDF を Adobe Acrobat や Adobe Reader のプラグインを使用してブラウザで表示する場合の表示までにかかる時間を短縮することができます。

線形化されていない PDF では、ファイル全体をダウンロードするまで PDF は表示できません。線形化された PDF では1ページ目から順次表示されるようになり、PDF が表示されるまでの時間を短縮します。これにより、ユーザーはファイル全体がダウンロードされるのを待たずに PDF を読み進めることができます。

PDF の最適化

PLOP を使い、PDF から重複しているデータや使用されていないオブジェクトを取り除きます。この機能により、多くの場合ファイルサイズの削減が望めます。

PDF の最適化には以下のものがあります。

  • PDF 内に複数含まれている同一のフォントファイルや画像ファイルのうち、ひとつを除いて除去
  • PDF 内の既に使われていないオブジェクトを検出し、除去
  • PDF を表している PostScript から不必要な空白の除去や非効率な構造を効率化

PLOP の最適化により PDF の品質が損なわれることはありません。例えばフォントファイルの埋め込みをやめたり、画像をダウンサンプリングしたりするような、PDF の表示が変わってしまう削減は行いません。

文書情報項目の追加

PLOP を使い、PDF の文書情報項目を追加します。特定の規則に従って設定する場合などに、プログラムやバッチから一括で設定することができます。

追加できる文書情報項目には以下のものがあります。

  • 定義済みの文書情報項目 (タイトル、作成者、サブタイトル、キーワード)
  • カスタム情報項目 (カスタムプロパティ)

XMP メタデータの追加

PLOP を使い、PDF 文書の XMP メタデータを追加します。特定の規則に従って設定する場合などに、プログラムやバッチから一括で設定することができます。

PLOP では追加される XMP メタデータの検証を行います。例えば、PDF/A-1 に準拠した PDF に XMP メタデータを与えた場合、出力が PDF/A-1 に準拠することが保証されています。

PLOP DS の電子署名

上位製品の PLOP DS では、全ての PLOP の機能加えて PDF 文書に電子署名を追加する機能が提供されます。

詳しくはPLOP DS とは をご覧ください。

対応する PDF バージョン

PLOP 5 では、下記の PDF バージョンに対応しています。

  • PDF 1.4 (Acrobat 5) およびそれより古いすべてのバージョン
  • PDF 1.5 (Acrobat 6)
  • PDF 1.6 (Acrobat 7)
  • PDF 1.7 (Acrobat 8, ISO 32000-1)
  • PDF 1.7 Extension Level 3 (Acrobat 9)
  • PDF 1.7 Extension Level 8 (Acrobat X/XI/DC)
  • PDF 2.0 (ISO 32000-2)

また、独自の修復機能により、破損した PDF についても可能な限り対応します。

PLOP の利用用途

PLOP の主なねらいは、既存の PDF ファイルに暗号化や最適化等の処理を行うことです。

  • 大量の PDF ファイルを一括で暗号化する
  • Web で PDF を配信するために、線形化やファイルサイズの削減を行う
  • PDF の文書情報や XMP メタデータを追加する

PLOP の技術情報・サンプル

機能の詳細についてはダウンロードページにある日本語リファレンスマニュアルを参照ください。また各言語バインディングにはサンプルプログラムがありますので、動作確認等にご利用ください。

PLOP の入手方法

PLOP は、当サイトのダウンロードページからダウンロードして試用することができます。

ダウンロードした PLOP は評価版パッケージとして製品の全ての機能を使用することができます。ただし、有効なライセンスキーを適用するまでは、出力される PDF の先頭に試用版であることを表すページが追加されます。ご注文後、送付されるライセンスキーをパッケージに適用するとこのページは出力されなくなります。

PLOP の購入方法

PDFlib 登録会員 にご登録 (無償) いただくと、登録会員向けの特別価格でご購入いただけます。PLOP の通常価格と購入方法については PDFlib 製品の価格・購入方法をご覧ください。

PLOP を購入された場合には、ライセンスキーの適用により電子署名機能は利用できなくなりますので、ご注意ください。アプリケーションで必要な関数がどの製品に含まれるのか十分確認のうえ、購入製品を決定してください。(電子署名機能が必要な場合、PLOP DS をご購入ください)

(Apr 22, 2004 - May 23, 2015)
  • 製品情報
  • お問合せ
  • PLOP DS 製品概要